すべての頑張るヲタクたちへ

 

ヲタクは頑張り屋さんが多いなと思う。

自担のために明日も働こう、自担のために辛い毎日も生き抜こう、自担のために可愛くなろう、自担のために。自担のために。自担に会いに行くために。

 

ただ現場に足を運んでいるだけのヲタクなんていないはず。コンサート会場で楽しく笑ってる裏で過酷な毎日を乗り越えてやっとここへ来られた、っていうヲタクが大勢いると思う。

 

私もそんな人たちの中の1人かなと勝手に思っている。そして今、その"頑張り屋さんを辞めたいな"と思ってしまう自分がいる。

 

今この環境、この心情だから書ける記事があるかなと思って書いた。私と同じような状況下で頑張ってる人がいたら「あ、同じだ。私だけじゃないんだ。」って少しでも安心してもらえたらいいなと思って。逆に「何甘えたこと言ってんだ。」と思う人もいるかもしれないけど、独り言だと思ってスルーしてください。

 

振り返ってみれば、今までの人生かなり全力で駆け抜けてきたと思う。小さい頃から根が真面目な性格で、自分で言うのもなんだけど素行の悪さなんて1ミリもなかった。忘れ物をしたり、宿題をしなかったりする友達を見て「どうして?」と不思議に思うタイプだった。学校を休むという概念がなかった。学生時代はみんながやりたがらない仕事を率先してやった。習い事も頑張ったし、成績もそこまで悪くはなかった。頑張ったら頑張った分だけ、周りや親から「すごいね!」と褒められるのが嬉しかった。

 

自分は人のために何かをすることに喜びを感じられる性格なんだと思った。だからその性格を生かして今の職を選んだ。そして何より安定した職に就いて、将来困らず生きていける職だとも思った。我ながら子供のころから現実思考だったんだなとも思うけど(笑)それが一番良い選択だと確信に近いものを感じていたので、何の迷いもなく看護の専門学校に入学した。

 

しかし国家資格を取得するまでの道のりはそんなに甘くなかったし長かった。専門学生時代はそこそこ辛い思いをしながら毎日学校へ通った。たぶん同じ道を選んで頑張った人、または今まさに頑張ってる人たちには分かってもらえると思うけど、毎朝が本当に絶望感でいっぱいになる。(とくに専門学生はほとんど臨地実習の生活だからそれがとんでもなく鬱なんだなあ)

 

「また朝が来た。」「ああ家から出たくない。」「今日も無事に1日が終わりますように」「帰ってやる事終わらせて1秒でも早く布団に入れますように」

 

とにかく鬱。人生最大の鬱。何がこんなに嫌なのか理由も分からないくらい病んだ。私の場合は性格的な部分を指摘されたことが一番堪えた。自分を否定されてるように感じてしまって辛かった。ストレスでご飯が食べられなくなったり、ラーメン2本啜っただけで吐いたりした。

 

もともと精神的に強い方ではなくて、何かあるたびにすごく考え込んでしまって落ち込んだ。「辞めたい」と言わなかった日があったかな?ってくらい毎日辞めたかった。辞めたいけど辞められない、そんな自分の臆病なところも本当に嫌いだった。

 

それでも地獄のような生活を3年間乗り切れたのはやっぱり自担の存在があったからだなと思う。

 

ここからはただのメンヘラ手越担だから無視してね♡

 

手越くんが笑ってるだけで「ああ、私はこの人の笑顔を見るために生きてるんだな」ってなったし、「私のこんな毎日より手越くんは何百倍も苦労したんだろうな」ってなったし、「手越くんは多分たくさん努力する女の子が好きだよな」ってなったし、何より「今は忙しくても近い将来手越くんのために沢山お金を使えるようになるんだよな、そのための今だよな」ってなった。

 

忙しくて辛くて辛くて辛い毎日だったけど、いつも心には手越くんがいたしNEWSがいた。

NEWSの曲ってどうしてこんなに今の自分とリンクするんだろう?って毎日思ってた。いつも背中を押してくれるのはNEWSで、正直曲なんか耳に入ってこないくらいドン底の時期もあったけどなんやかんや毎日助けられてた。で、私にとって濃くて長すぎる3年間は終わった。

 

まわりの大学生たちが羨ましく思えたし、みんなが遊んでる時に自分だけ勉強してて自分でも馬鹿じゃないの?って思ったりもしたけど、これも長期に渡ってジャニヲタをしていくビジョンが自分にあったから頑張ってこれたなって思う。だから今学生やってて本当に辛くて、しかも「この職業そんな興味ねえよ…金のためだよ…」って思いながら毎日学校行ってる人たち、個人的にはその考え方でも別にいいと思うよ。実際それでどうにかなったし。今の仕事に全く興味がない訳ではないけど、理想と現実のギャップにうんざりしちゃってこの職業の悪いとこばかり見えてきちゃうのよねえ。難しいよね。でも人生で一番頑張るタイミングなんだと思えばそれなりに乗り越えられるよ。そしていつも心に自担を。

 

 

で、前置きもいいとこだけど本題はここから。

 

 

私は専門卒業後、全国的に見てもそこそこ大きめの病院に就職した。病んで辞めていった先輩たちもたくさんいるけど「あそこに就職したんだね!すごいね!」って言われたくて就職した。

案の定周りからの評価は高くてたくさん褒められて嬉しかった。でも世間体を気にしすぎたせいで今本当に苦しい。昔から自分のこういうところがすごく嫌い。自分がしたいことより、周りにどう思われるかばかりを考えてしまう。

 

人の命を預かる仕事だからもちろん厳しいことを言われるのは当たり前。「新人だから」なんて言葉は通用しないし、慣れない環境の中でいろんな技術を身につけなきゃならない。求められるものも大きい。頑張ろう、期待に応えよう、最初はそう思うようにしてた。でも、毎日毎日自分のダメなところばかり言われると精神的にかなり追い込まれる。

 

それに「責任感が無い」「自分でこの仕事を選んだんだから」って私の職業選択にまで指摘が入るとかなりキツい。涙を必死に堪えるためにマスクの下で唇を噛むのが癖になった。あーあ、せっかく手越くんのためにケアした唇なのにってこんな時でも手越くんのことを考えてしまう。毎日15時間以上職場にいる生活が続くとだんだん頭がおかしくなる。家に帰ってしっかり休もうと思っても仕事のことがどうしても頭をよぎる。体も心も結構限界にきてる。

 

いっそのこと今の仕事を辞めて、自分がやってみたい事や楽しそう!と思える仕事をしてみようか。でもせっかく資格持ってるしそれを生かした方がいいのかな。な〜んて色々考えてはみるものの結局行動力がなくて毎朝もう死んだ方がマシかもな、と思いながら仕事に行ってる。家から出られなくなった時が私の限界かな、なんて思いながらね。本当生きた心地がしない。

 

こんな時手越くんだったらなんて言うかな?自分の好きなことしなきゃ勿体無いよって言うかな?それとも、何か1つのことに対して努力する人が好きって言うかな?今の私はそのどちらも出来ていなくて情けないしやるせなさも感じてる。一体これからどうしていけばいいんだろう、そんなことばっかり毎日考えて過ごしてる。もともとネガティブ思考な私からすると、手越くんのどこまでも前向きで「悩んでる時間が勿体無い!」って言える精神力の強さが羨ましいし、それに励まされて少し前向きに考えられることもある。やっぱり私にどこまでもプラスのエネルギーを与えてくれる人だなと思う。

 

そんな、とにかく仕事が鬱で鬱で鬱で仕方ないタイミングでNEWSが窮地に立たされたもんだから、私は本当にメンタルが終わった。いよいよ生きる目的が本当に無くなっちゃうかと思った。経験者が言う、「いつまでもいると思うな親と推し」の意味が初めて分かった。毎日死にたいと思うほど病んでても、それでも、何とかギリギリ生きられてたのはいつもこの人たちが幸せにしてくれてるからだ、と本気で思った。

 

 

ここまで、読んでる皆さんの、しかも今夢に向かって頑張っている途中かもしれない皆さんのテンションを盛大に下げる文章を綴ってきましたが、何が言いたいかというとね、

 

こんなギリギリな状態でも、やっぱり自担という心の支えがあると何とか1日1日を乗り越えられるよってことなんですねえ。「そんなに辛いなら辞めれば?」って言う人もいると思うけど、それが出来ないことに悩んでる人もいるんだって分かってほしい。

 

どうにかして自分の人生を楽しむ心を忘れないように仕事以外の時間は自担に捧げてるし、こんな時彼だったらどんな言葉をかけてくれるかな?って考えるだけで少し気持ちが落ち着いたりする。こんな状態になって初めて応援ソングの歌詞が響く。彼らが伝えたかったことはこれか、と気づく。いつも私の背中を押してくれるのは彼らだと気づく。そしてそのパワーはとても大きくて、彼らの存在は他の何にも変えられない唯一無二の存在だと気づく。

 

重たいように見られるかもしれないけどヲタクってこんなもんだよね。

とくにNEWSはいろいろありすぎて、呆れてるファンもそこそこにいるね。でも今まで大変な時に何度も助けられた、それは揺るぎない事実だし、これからもずっと変わらないだろうなと思うから。私はこれからもNEWSに支えてもらいながら辛い毎日を何とか過ごしていこうと思うよ。

 

辛い日々に耐えられているのも自担のおかげだし、逆にもし、他の環境で頑張ってみよう!と思って今の環境から脱出したとしたらそれも自担のおかげ。臆病な自分を変えてくれた自担のおかげ。いつも私の背中を押してくれるのは自担。纏まらない文章だけど、とにかく自担がいてくれたから何とか生きてこれたし今も生きられてる。感謝してもしきれないね。

 

今大変なヲタクの皆さん、一緒に頑張ろうね。いや、頑張ろうなんて言わない方がいいか。もう十分頑張ってるもんね。頑張るって何?って考えてしまうほど頑張ってるもんね。だからあれだ…自分が少しでも楽しいと思える人生に近づけたらいいね。人生頑張った順に良席が当たればいいね。苦労した分だけ自担からファンサが貰えるといいね。絶対絶対幸せになりましょう!おわり!

 

 

 

 

Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018

 

もうだいぶ時効なんですけど絶対残しておくべきだと思うから書いておきますJUMPの現場のことを(笑)

 

今年はアリーナツアーもドームツアーも参加出来ず、JUMPちゃんの10周年をお祝い出来ないのはだいぶ寂しいなあと思っていました。

 

…忘れていました。

 

 

 

 

 

 

制作開放席の存在を。 

 

 

 

 

仲良しな有岡担とノリで応募した制作開放席。「まあ当たんないよね〜」とか言ってたら

 

 

 

 

「当たったwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 

 

 

 

と、めちゃくちゃ草の生えたラインが来てびっくりしました(笑)

 

 

そう、ずっと私には関係ないと思っていた噂の制作開放席での参戦でした(笑) 

 

 

正直あまり良いイメージはなかったんですけど

 

「そんな事言ってられるかああ!!!10周年やぞ!!!今同じ空気吸わんといつ吸うねん!!!」

 

という気持ちの方が優って公演2日前に決まった現場でしたが、電車に揺られ、気付いたら大阪に来ていました(笑)久しぶりの京セラドームにそわそわしてしまいました…規模が違うなあと(笑)しかも急に決まった現場だったので「ちょっと買い物行ってくるわ〜」ってレベルの軽装で行ってしまった…超反省()

 

 

で、制作開放席ですが。集合時間とか身分証の確認とかすごく面倒くさい事しなきゃいけないイメージだったんですけど、全くそんな心配は要らず皆さんと同じよ〜うに入場できました!

 

そして人生初のデジチケです(笑)家に青い封筒が届いて、ハサミで封を切って、

 

「見るよ?見るよ?いい?いくよ?

 

 

 

 

……いやぁぁぁああああああああああーーーーー!!!!!」

 

 

 

 

みたいなくだりあるじゃない?あれが会場で一斉に巻き起こる感じ(笑)なかなか楽しかったです(笑)しかもスムーズに入場も出来ました。でも個人的にはまだ信頼しきれない部分もあり、慣れない感じもするので、紙チケの文化消えてほしくないなあと思いますね〜。好きな人と確実に会える幸せのチケットが手元にある喜びっていうのは紙チケならではだと思うから。

 

で、制作開放席ってかなり見えにくい席なのかなって思ってたんですけど、見えにくかったのは正面のモニターくらいであとは普通に見えた。JUMPがメンステで横一に並んだ時が圧倒的見えづらさだったけど、トロッコがすごい近かったから全然良かったです(笑)満足(笑)

 

 

そんなこんなで開演前からずっと楽しい現場だったんですけど、選曲・演出も最高だった!!!(だいぶ時が流れてしまってセトリとか忘れかけてるけどめちゃくちゃ良かったことだけは心に刻まれるよね!ね!伝わってよこの感覚!!!!!)

 

個人的に嬉しかったのはTimeと切なさ、ひきかえにですね〜いや好きすぎるやつ〜聴けると思ってなかったやつ〜!!!come back...の次に好きな二曲かな(笑)こっち系の曲良すぎ説(笑)久しぶりに聴いたら胸の奥が疼く系の曲(笑)(私の中でスクランブルもこの曲たちの仲間に分類される)

 

あ、あとIgnitionも良かった…もともと曲がすごく好きで、歌詞を噛み締めて聴くと愛おしさが爆発する曲なんですけどそれプラス山ちゃんのサックスが…(泣)しかも席的にサックスを準備する山ちゃんが見えて「えっえっえっまさか!?まさか!?吹いちゃう!?」ってなってその興奮も忘れられない(泣)

 

10周年にふさわしい選曲・演出で終始感動しっぱなしだったんですけど、やっぱりH.our Timeを聴いて泣いちゃいましたね。10年という時の長さ、その中でメンバーそれぞれが抱えていた思いや、ファンに支えられてここまで来れたっていう気持ちが曲に全部込められていてグッとくるものがありました。やっぱりアニバーサリーソングはどの時代とどのグループも涙なしでは聴けないですね…(笑)

 

10周年というHey!Say!JUMPにとって本当に大切な時を見られて、同じ時間を過ごすことができて幸せでした…

 

私がJUMPを好きになってライブに行くようになったのはここ数年の話で、まだまだ勉強不足で知らないことだらけなんですけどJUMPにしかないフレッシュさ、可愛らしさ、そしてこれからもっと成長していくんだろうなって期待できる9人それぞれの良さを私はずっと見ていきたいし、応援していきたいなと思います。

 

遠い昔の話を書いたから内容がとっても薄っぺらいけど、すごく楽しい現場だったことだけは心にしっかり刻まれてます。

 

…と書いている時にDVDの発売が決まったじゃありませんか(笑)とっても楽しみ!今年もぜひ可愛い可愛いJUMPちゃんに会いに行きたいなあ。

 

 

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVER LAND

 

 

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVER LAND

全9ヶ所26公演お疲れ様でした!!!!

 

 

今回は本当に本当にいろいろあって大変なツアーだったと思うけど無事に完走できてよかった〜〜!

ということで私は今年も福岡公演しか入れてませんがやっと感想を書きます。遥か遠くの記憶になってしまっていますがメモなど引っ張り出して書きます(笑)

 

 

まず今年もグッズを買うところから楽しかった。(毎年のことである)しかし今年はネバーランドのね!トラックがね!停まってたからさ!

 

f:id:Na__riii:20170613112131j:image

f:id:Na__riii:20170613112158j:image

 

いや〜〜こんなの楽しすぎる。(小並感)

 

そしてグッズですが今年も何だかんだ言いながら結構買いました。でも一番のお気に入りはキートレーですかね、デザインがすごく良いし部屋に置いてもライブのグッズ感が全くなくて馴染みすぎている…かわいい…(かなりインスタ映えするからオススメです)

 

f:id:Na__riii:20170613112724j:image 

 

 

そして会場へ入ってすぐの感想としては

 

 

 

 

なんやこれ。ファンタジーや。もうすでにNEVERLANDや。これからIZANAわれる気配しかないわ。死んだ。

 

 

 

毎年演出テーマに一貫性があり、こだわってこだわり抜いて作り上げられているNEWSのライブですが、今年も一歩足を踏み入れた瞬間からそれが伝わってきました。まさに魔法にかけられる感覚なんですよね〜!

 

 

で、荷物を置いてとりあえずお手洗い済ませとこうと。そこそこの行列に並んですぐの出来事。

 

 

〜〜♪

 

 

開演前から可愛らしい音楽が…そう、あれです。あの地味に難しいダンスです()開演前からファンはダンスを覚えさせられました。ファン参加型のライブ、NEWSらしいなあ。

 

 

 

そして開演。どこから出てくるんだろう…という毎度恒例のソワソワタイム。私は忘れませんよ、メンステから列車が迫り来るあの緊張感を。(めちゃくちゃ感動した)そして列車がセンステに到着して帝王の如く登場したあの4人の姿を。(発狂した)

 

 

 

 

世界観でしかねえ!!!!!

 

 

 

 

手越くんは炎、増田さんは刀、慶ちゃんはワンド、シゲちゃんは旗を持って堂々と登場。

 

 

 

 

 

世界観でしかねえ!!!!!

 

 

 

 

 

そしてアルバムの中でも謳われていた、7つのエレメント「炎」「水」「光」「踊」「音」「 魔」「愛」これらが全て揃った場所がNEVERLAND以外にはないと。

 

その通り、様々なゲートをくぐりながら一緒に旅をして行くようなライブ構成になっているんですね…天才かと思いましたね…

 

Northゲートは光

  • あやめ(シゲソロ)
  • Brightest
  • シリウス
  • Snow Dance
  • Touch

 

Eastゲートは水

  • ニャン太(コヤソロ)
  • 恋を知らない君へ
  • フルスイング
  • 恋のABO
  • サマラバ
  • NYARO
  • ORIHIME

 

Westゲートは音

  • FOREVER MINE(マスソロ)
  • Silent Love
  • ミステリア
  • さくらガール

 

Southゲートは炎

  • I'm coming(テゴソロ)
  • BLACK FIRE
  • バンビーナ

 

 

…というように、とにかくテーマに一貫性がある!!!本当にいろんな世界に誘われて行ってる感覚なんですよね〜ソロも4人それぞれのテーマがあって見応えがありました。

 

ソロの感想はとりあえず自担に絞って語ってみますか?そうしますか?そうしましょう。

 

少しばかり演出のネタバレは小耳に挟んでいました、小耳にね。

 

 

 

立派な18禁エ◯ビデオであると。

 

 

 

確かに吐息と動きがエッチでした。立派にエッチでした。けど、

 

おいおいやりたい放題だな!3年連続なかなか悲惨な失恋ソングを歌ってきたではないか!ギター、ピアノ、アカペラ、いろんなスタイルで失恋されるもんだから私たちも手越くんを慰めるような気持ちで見守ってきたではないか!それがなんだ!ついに欲求不満か!

 

 

 

 

 

 

最高!!!!!

 

 

 

 

という意を込めつつ、笑い堪えきれなくて口抑えながら見た。(多分感情が馬鹿になっていた)やると決めたらとことんやるっていう手越くんらしいソロではあるなと思いましたね(笑)だってそうじゃないと

 

 

 

 

ステージのど真ん中にベッドなんて設置しない。

 

 

 

 

 

 

 

一曲一曲感想を言っていきたいところですが、とりあえず個人的に死ぬほど脳裏に焼き付いているweeeek、UR not aloneに絞って書こうと思います。

 

 

いやお前アルバム曲少ないなっっ!!!もっとあったやろもっと!!!

 

 

…あった、確かにあった。では何故weeeekチョイスなのか。それは、

 

 

 

 

手越祐也にファンサを貰ったからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までも何となくそうかな?というお手振りだったり目線だったりは貰ってきましたが、今回はもうそれはそれは的確でした。ビックリするほど。

 

席はスタトロ前列で、まあ〜〜ファンサの貰いやすい位置だったんです。こんなに近くていいのかと…

 

私は「祐也くん世界一」と真っ直ぐな想いを書いた団扇を持ってトロッコを見つめていました。わあ〜手越くん!!!この世に存在していた!!!近い!!!お顔が綺麗!!!尊い!!!ああ〜通り過ぎちゃう〜、と思った次の瞬間。

 

 

 

 

 

 

(´・ш・)「!(団扇に気づく)」

 

 

 

私「!!!!!???!!」

 

 

 

 

 

え、待って目合った。ん?

 

 

 

 

 

(´・ш・)「(力強くグッ👍🏻)」

 

 

 

私「(白目)」

 

 

 

(´・ш・)「(ウンウン、と頷く)」

 

 

 

私「(腰の骨が砕ける)」

 

 

 

 

あの数秒は私と手越くんの時間だったと考えるだけで鳥肌が立ちます(ウザい)

しかも私が一番伝えたかった言葉を本人に伝えることが出来て本当に嬉しかった。きっとここまで好きになれるのは後にも先にも手越くんだけだと思うし、世界一のアイドルだと思って応援してるから。それに対して力強くグー!ってしてくれた事、一生忘れずに応援していくと思う(泣)本当にありがとう(泣)

自担とコミュニケーション取れるって本当に素敵だなあと改めて思いました。NEWSならではの距離の近さ、手越くんならではのファンサ乱れ打ちだったと思うのでこれからもこうやってファンの心を鷲掴みにして行って欲しいなあと思いました。

 

 

 

そして今回のツアーは何と言ったって「UR not alone」でしょう。前奏の時点で「ああもうNEVER LANDにいれる時間はおしまいなんだ…現実を見なきゃいけないんだ…」っていう気持ちになりました。なりますよね〜〜!?あれだけ夢のような空間を提供してもらってるんだから。ああこのままずっとNEVER LANDから出たくないよ〜住みたいよ〜(泣)って。

 

 でもそこで背中を押してくれるのがNEWS。大丈夫だよ、俺らがついてるからきっとがんばれるよって言ってくれるのがNEWS。明日からも頑張って生きていくんだ!と決意するかのように曲のサビを会場にいるみんなで歌ったのは圧巻でしたね。みんなで作り上げるコンサート、というNEWSもきっと大事にしている事だと思うのですが今回もしっかりみんなで作り上げられてて感動しました。

 

だから今回アンコール曲がなかったのは私の中ですごく納得しています。最後までNEVER LANDの世界観を壊さずに私たちに夢を見させてくれたなって。その後ちゃんと現実に戻れるように背中押してくれたなって。

 

 最後に「NEVER LANDの旅は明日へ続く」と言われた時には鳥肌が立ちました。オーラスでは「永遠に」だったらしいですね、どこまでパワーをくれるんだ…(泣)心の底からありがとうって思いました。鳴り止まない拍手にまた泣きそうになった……本当に素敵なコンサートでした。

 

 

 

そして。今回のコンサート中にあったいろんな事について、私は特に言及してきませんでしたが…降りてしまった人も実際周りにいるし、前みたいに好きになれないと思っている人がいるのも知ってる。それは個人の自由だし、内容が内容なだけにそういう意見の人がいるのもすごく分かる。NEWSとファンの絆は他のグループより圧倒的に堅い、だから余計裏切られたような気持ちになるのも何となく分かる。たしかに私自身、これは流石に改心してよってちょっと思ったりもしました。またグループの活動が思うようにいかなくなったらどうするの?って。せっかくNEWSの良さをたくさんの人に知ってもらって、良い波に乗れてきてるのにって。それが今回のことで「やっぱりNEWSは…」っていう見方をされてしまうことが私は悔しかったです。

 

何か騒動があると、彼らの発言や行動が全てそれに絡んだものなんじゃないか?と思ってしまいがちです。反省している姿を見せようとしてるんじゃない?同情買うために言ってる?今の。というように、ひとつひとつの発言に勝手な意味付けをしてしまう。でもだからと言ってコンサートに彼らの悪口を書いた団扇を持って行くのは違いませんか?コンサートってそういう場所なんですかね…?大好きな人にそんなことする場所なんですかね…?純粋にコンサートを楽しみに来ている人もいるのに。一部の人の行為に私は腹が立ちましたし、それを超えて不思議で仕方なかった。いくらお金を払っているからといってそんなマナーの悪さは許されないですよね…流れてくるレポでそういうものも少し目にしたので気になりました…

 

 

いろんな考えがあるのも分かりますが、私が思うのは、今まで私たちを幸せにしてくれた事実があるということ。NEWSは確かにこれまでもいろんな事があったグループですが、ファンと支え合ってここまでやってこれたと思います。そしていつも私たちの背中を押してくれる、素敵なグループです。プライベートはどうであれ、ファンのことを幸せにしたいという気持ちは絶対に変わらないと思うんですよ。だからそんな気持ちでいる彼らをただ悪く言うことは私には出来ないなと。一度それ言い出したらもうキリがないと思うし、事態は悪化するばかりだと思いますね。

 

だからオーラスで見せた手越くんの涙も本当に正直な彼の気持ちが出たなっていう目で見てたし、珍しくあんなに弱って不安でいっぱいなエースを目の当たりにして、「自業自得だろ」って言う人もいるんだろうけど応援しなきゃ、いつも幸せにしてもらってるんだから。っていう気持ちに私はなりました。

 

アイドルを応援するのは大変です。何かあるたびに自分のこと以上に悩むし騒ぐし不安になる。でもアイドルを応援するのは楽しいです。NEWSを応援するのは心の底から楽しいです。

これからもNEWSのファンとして楽しい時間を過ごせたらいいなと思います。

 

長々と綴ってしまいましたが、あくまで私個人の意見なので共感したい方は共感してくださればいいし、なに綺麗事ばっか言ってんだと思う方はそう思ってくだされば(笑)終わり。

 

 

 

NEWSのメンバーをクリープハイプの曲に当てはめて聴いたら楽しい

 

お久しぶりです。当てはめて聴いてみたシリーズです。前回はHey!Say!JUMP × SHISHAMOで書きましたが、まだ読んでない方は是非。

 Hey!Say!JUMPのメンバーをSHISHAMOの曲に当てはめて聴いたら楽しい - 走らないメロス

今回はNEWS × クリープハイプです!わーい!みなさんNEWSにいろんなイメージを持っているとは思うのですが、今回も独断と偏見の妄想記事です。では。

 

 

 

 

 

『ただ』

加藤シゲアキ

 

 

 

シゲちゃんはとても不器用なイメージがあります。好きっていう気持ちは人一倍あるんだけど、でもそれをなかなか言葉に出来ないタイプ。

 

ただそばにいて とか言えなくて

いつもその理由を考えてしまう

ただそばにいての ただ が何かを

恥ずかしくなって考えてしまう

 

「いや好きだよ?好きなんだけどさ?それをいちいち言葉にする必要があんのかなって。ただそばにいてって言葉にすれば簡単だよ、そりゃ。でもただそばにいての“ただ”って何なの?って話じゃん。」

 

 

 

…言ってそう。

 

 

めちゃくちゃ言ってそう。その言葉を発することで自分が人にどう思われるかを全力で気にしてしまう(宅配ピザを頼めない件をご参照ください)そんな彼にピッタリな曲だと思うんですよ。

 

初めて会った瞬間にとか

分かりやすくなくてごめんね

それでも質には何の問題もないから

 

そして質にこだわるシゲちゃん(笑)彼女が人参をハート型に切って料理に入れたとしても、

「ハートにする事で味が変わるなら分かるけど。(訳:いちいちハート型に切る意味が分かんねえ)」

という考え方の彼は、「好き」という気持ちがあればそれでいい。質には何の問題はない!!!と思ってそうですよね。

そんな考え方が彼女には通じず、

 

もうやめた もうやめた

もうこんなこと やってられるかよ

もう決めた もう疲れた

今日でやめてやるよ クソクソクソ

 

「ああ〜〜〜〜女って分っかんねえ!!!!どういう思考の生き物なんだよ!?!?」

 

とヤケクソになってしまいます(笑)

 

あっ 、嘘 こっち見て

ねえ、ただ好きなんだ

 

でもやっぱり諦めきれず、彼女の虜になった俺ってチョロいな〜〜なんて自分で自分に呆れながらも不器用な恋愛をしていそう。はいこっちが頭抱えるほど可愛いです。

 

帯に短し襷に長し

イノチミジカシコイセヨオレ

 

そして「頑張れオレ!!!頑張れシゲ!!!」って自分を励ましながら毎日頑張っているんですね〜〜かわいいいいい〜〜(泣)

 

 

 

 

 

『さっきはごめんね、ありがとう』

小山慶一郎

 

 

慶ちゃんはシゲちゃんと真反対なタイプで、好きになったらとことん一途でしかもその気持ちをちゃんと言葉か何かしらの形にして相手に伝えたい人だと思うんです。

 

古くなっていってしまうけど

忘れるわけにはいかないから

歌にして残しておいてもいいかな

いつもこうやっていれるのが凄く嬉しい

君が凄く愛しいっていう歌がいいかな

 

 二人でいる時なんかはとにかく気持ちが素直になって、

 

「俺ね、本当にお前と付き合えてよかったと思ってるの。お前が頑張ってるとこ見て、俺も頑張らなきゃなって。」

 

そんな風に言ってくれる彼に、照れた彼女がこう返します。

 

 

「照れるからやめてよ(笑)でもありがと…私も慶ちゃんと付き合えて本当に幸せだよ?」

 

 

「お前〜〜!!!そういうとこなんだよな〜〜(笑)お前、自分がどんだけ可愛いか分かってる!?分かってないっしょ!?無自覚って本当に罪だよね!怖いよ〜〜(笑)堪んねえ…」

 

 

彼女にデレッデレな慶ちゃんいいなあ〜〜!

 

だんだん歳をとって恥ずかしくなっても

いつでもまたここに帰って来れるように

さっきはごめんね、ありがとうね

それ位は歌じゃなくても言えます様に

 

こうやっていつもお互いに気持ちを伝え合ってるからこそ、もし二人に何かあった時も今日の日を思い出して仲直りしようね。離れないでいようね。という意思の疎通が出来ている平和カップル。

こんな風に素直になれたら素敵な恋愛ができるんだろうな〜〜(慶ちゃんと)

ほんでもって結婚となるともっと絆は固いだろうな〜〜結婚した〜〜い!(慶ちゃんと)

 

 

 

 

 

『傷つける』

増田貴久

 

 

 

私の中で一番恋愛に関して謎が多い人です(笑)どんな人と付き合って、どんな恋愛をしてきたのか想像できません。個人的に切なく不器用な恋愛もしていて欲しいという気持ちがあったのでこの曲にしました。

 

 (全て勝手な妄想です)増田くんにはかなり長く付き合っていた彼女がいました。それなりに毎日幸せな日々を過ごしていたけど段々とすれ違っていきます。

 

後悔の日々があんたにもあったんだろ

愛しのブスがあんたにも居たんだろ

 

朝目を覚ますと隣には彼女が眠っています。けれど彼女の目からは涙が…

 

「◯◯?…大丈夫?怖い夢でも見た?」

 

鼻をすすりながら増田くんに抱きつき、胸に顔を埋める彼女(めっちゃしたい)

 

彼女はもちろん増田くんのことが好きなんですけど、本気で愛そうとすればするほど絶対に過去の男が出てくるんですね…傷つけられたにも関わらずどうしても過去の恋に囚われてしまいます。

そのことを増田くんも分かっていながら付き合っているんですね〜〜んんん〜〜切ない(笑)

 

 

愛なんてずっとさ

ボールペンくらいに思ってたよ

うちに忘れてきたんだ

ちょっと貸してくれよ

 

それまで増田くんも恋愛で傷ついてきた故に、愛とか恋とか分からなくなってきていたんですね。そんな時に出会った彼女だったのに。

 

 

「俺は◯◯がどんな恋愛してきたか分からないけど、でも全部理解してあげたいって思うし、◯◯を大事にしたいと思ってるよ?

 

やっぱり俺じゃ…」

 

 

 

「ごめんね、貴久くん。本当にごめんね。」

 

 

 

 

 

彼女が死ぬほどメンヘラ。

 

 

でもここのポイントは、増田くんが心から彼女を愛していてどんな彼女も全部守ってあげようとしているとこなんですよ!!!!!そういう男なんですよ彼は!!!!!

 

インク出なくて愛は掠れちゃって

結局何も見えないな

インク出すぎて愛が滲んじゃって

結局何も読めないな

 

彼女のことを大切に大切にしてきたけど、気持ちを伝えきれなかったから二人の愛は掠れてしまったのか…それとも気持ちを伝えすぎたから愛が滲んでしまったのか…どちらにせよもう二人の距離が縮まることはないですね。

 

便箋に残ったインクのない文字の跡

指先でなぞって思い出す愛の傷

便箋を破ったインクの濃い文字の穴

指先で拡げて覗き込む愛の中

空っぽの愛の馬鹿

 

最後に彼女から貰った手紙を一人で読む増田くん。すぐ次の恋愛に切り替えられるような人ではなさそうですよね。その手紙を読み返しては自分が彼女に傷つけられたことを思い出し、自分の言葉が彼女を傷つけていたのかもしれないなと感じ、同時にあの時本気で彼女を愛した事実を思い出します。

 

(っていう増田くんの横顔を想像してみて!!!めちゃくちゃ胸締め付けられるから!!!)

 

 

あ〜〜ん全力で増田くんに愛されてみたいな〜〜(泣)どんな私も包んでくれ〜〜(泣)

 

 

 

 

 

『左耳』

手越祐也

 

 

 

さてさて王子の出番ですよ!!!お待たせしました!!!彼は常にお盛んですから…手越くんのことを本気で好きになって本気で切なくなりたい!!!テーマは切キュン!!!!!

 

 ダサいTシャツ着て 寝息を立ててた

規則正しいリズムに安心してた

 

 暑い夏の日、昼までダラダラ寝てることなんて彼にはないんでしょうけど(笑)いつも私の隣に居てくれていることに安心しています。

 

君が居なくなったらアタシはどうなるかな

君が居なくなったら寂しいな悲しいな

 

付き合ってはいるけど、手越くんが恋愛経験豊富なことを知りながら恋人関係でいることに少し不安を抱えているんですね。

 

 

「ただの友達だよ?…何もないって。考えすぎなんだよ。俺が大切にしてるのはお前だけだって。」

 

 

出ましたお得意の『お前だけ』!!!

 

 

他の女の子と遊んでるとしても、私といる時だけは私だけを見てくれるし私だけを愛してくれるから。そんな理由で彼から離れることが出来ないし、むしろどんどん溺れていってしまいます。

 

左耳 知らなかった穴

覗いたら昔の女が居た

アタシは急いでピアスを刺す

 

 隣で眠っている手越くん、知らなかった左耳のピアスホール。昔の女の存在に気付いてしまいます。薄々気付いてはいたけどいざ知ってしまうと私の今のポジションを奪われてしまうのではないかという焦りと不安に襲われてしまいます…“手越くんの隣”をずっとキープしておきたい気持ちからそのピアスホールにピアスを刺します。

 

そんな私の気持ちに彼が気付くことはなく

 

それで起きて寝呆けた顔して

これくれるの なんて聞いてくる

別にそれもう要らないし

 

鈍感な手越くんに正直な気持ちを言うことが出来ません。昔の女の存在に気付いているのに手越くんの側にい続けるのは相当辛い!!!!!

 

でも私の心を掴んで離さないのが手越くんですよね!!!!!どうせ俺しか好きになれないんだろ?くらいに思ってるのが手越くんですよね!!!!!ズルい奴!!!!!好き!!!!!

 

 

 

純粋に好きになった女の子だけを愛していて欲しいとも思いますが、言ってくれた“お前だけだよ”って言葉を、他の何十人もの女にも言って堕としてるような彼でいて欲しい気持ちもあります(笑)

 

 

 

 

以上で随分勝手な妄想劇場を終わります。

 

 

 

 

追加

ちなみに世間一般的に見た手越くんは『エロ』がピッタリなんですかね?

 

だってだってだってだってそれなら

どうせ最後はこうなるんだから

今できることをしよう もうアレしかないし

ずっとずっとずっとずっとこのまま

とかそんな馬鹿なこと言って

一瞬で終わる夏

今日は明日昨日になるんだから

もうやることやろうよ

汗が乾いて忘れる

だってだってだってやって さよなら

 

 

すみません、独り言です。

 

Hey!Say!JUMPのメンバーをSHISHAMOの曲に当てはめて聴いたら楽しい

 

 

高校時代によく聴いていたSHISHAMOの曲を最近また聴くようになったので、この記事を書いています。女の子がキュンキュンするような楽曲が多く、ヲタクの私は考えました。

 

 

もっとキュン補給するにはHey!Say!JUMPのメンバーで妄想するしかない。

 

 

フレッシュな彼らとSHISHAMOの曲はかなりマッチする。と私の勝手な想像と妄想で書いていますのでクレームは受け付けません。では。

 

 

 

 

きみに告白した理由 / 山田涼介

 

実は顔で選んだんだ きみのこと

 

…え?冒頭からこれもう山田くんのための曲じゃない?

 

f:id:Na__riii:20170119153859j:image

f:id:Na__riii:20170119153946j:image

 

みんなは「優しくて性格がいいから」あの子のことが好きだって言うけど、俺は断固として顔だね!!!顔!!!!!!!!

顔面国宝の山田くんは一見完璧な恋愛をしてそうなんですけど、実は不器用で。

 

僕の話ちょっとだけ聞いてよ

ねぇどうしてそっちに行っちゃうの

そいつは何も分かっちゃいない

そいつのどこがいいの?

なんだかなぁ

 

と、なかなか上手くいかず悶々としているんです。終いには、ねぇ神様お願い!!!と神頼みになっちゃうくらい。

 

(´‘▽‘`)分っかんないね!女の子って!なに考えてんの?なんであいつなの?

 

はぁぁぁ!!!ってなってる山田くんに対して

 

「涼介そんなことも分かんないなんて、男子失格だね。」

 

とクールにキメて魅せる知念くんもセットですもちろん。髪わしゃわしゃしちゃう山田くん。可愛い。

ちなみにこれは上手くいかない不器用山田くんバージョンなんですけど、爆モテ山田くんバージョンで妄想したい方には「第3ボタン」をオススメします。

 

 

 

 

恋に落ちる音が聞こえたら / 知念侑李

 

 私の努力 実らない毎日

一方的な恋 糠に釘

あなたの後ろ姿 なんだか手ごたえのない

つかめない人

 

最初はうちらの片想いから始まるんですね。(ほらもう知念くん。)頑張って挨拶してみたり、ヘアアレンジしてみたり。こっちはアピールしてるのに当の本人は何を考えているのかも分からない。つかめない人。

 

だけどなんだろう 今日は甘い匂いがする

私のいつもの勘違い?

ねえ、顔が赤いよ

なんだか私とあなた 同じ顔してるね

 

あれ?脈なしか…と思ってたのに!あれ!なんかさ!これ!いけるんじゃない?だってさっきちょっと照れたよね!?照れたよね!?

 

あなたから音がする 私を好きになったね

 

キタァァーーーーーーー!!!念願の両想いダァァーーーーーーー!!!!!!!!!!!

 

ほら言ったでしょう 油断してちゃだめだよ

分かりきってたことでしょ

ねえ、やっとこっちを見てくれたね

 

なんならこっちが優勢()何を考えてるのかイマイチ分からなかった知念くんだけど、伏し目がちにしてたあの目を!あの長い睫毛を!こっちに向けてくれるようになるの!チラッと見てくれるようになるの!ちょっと恥ずかしがりながら「…おはよ。」とか言ってくれるようになるの!幸せでしかない!!!!!

 

ここからはもう両想いの楽しい毎日ですよね。

「ほんとはね、話しかけるタイミングずっと見計らってたんだよ?」

 とか素直に話してくれるようになったりして。

 

 

 

 

きみと話せないのは / 中島裕翔

 

聞こえるのは雨が傘を叩く音だけ

無口な女の子だと思われてんだろうなあ

全然そんなことないのになあ…

全然そんなことないのになあ…

 

これは完全に「私がもし裕翔くんと付き合ったら恐れ多くて話せなくなるよなあ!」という妄想です。

 

なんでかなあ どうしてなのかなあ

君のこと好きなのに ほんとに本当に好きなのに

大好きな君の顔見ると話せなくなっちゃう

だから君の顔ちゃんと見れないの

だけどお願いだから

つまらない子だと呆れないでよ

 

分かる。超分かるよ。あんな爽やかイケメンの顔なんて見れないし絶対!!!大好きすぎて見れないし絶対!!!しかも裕翔くんの場合高身長だから、自分から勇気を持って見上げないといけないのよね〜!難易度高すぎか〜!

 

裕翔くんに心の中で

「この子全然喋んないね、楽しくないのかな?」

「こんな沈黙の続くデートなんて初めてだよ。残念。」

とか思われてたらどうしよう!ヒィ!みたいな若干の恐怖もありつつ、いろんなドキドキが混ざっちゃってそう。なんなら彼の場合しれっと言葉にしてきそうで余計怖い!サイコ炸裂させてきそうで超怖い!

 

両想いっててっきり幸せだと思ってた

とんだ間違いだった 一緒にいるのに

私はきみに悩んでばっかり

 

裕翔くんと付き合えるなんてどう考えても勝ち組だけど、勝ち組には勝ち組の悩みがあるんだよね…上手く話したい!裕翔くんと上手に会話したいよーーーーー!!!!!

 

 

 

 

僕に彼女ができたんだ / 岡本圭人

 

しゃべりたい 誰かにしゃべりたい

あの子のことをしゃべりたいの

しゃべりたい 誰かにしゃべりたい

僕に彼女ができたこと

 

圭人くんに可愛い彼女ができた歌です()圭人くんはいろんな人に言いたい!「圭人ね、か、彼女できたの…!」って言いたいの!!!

 

かわいいあの子と僕だけの

二人で決めた大事な約束

「付き合ってることはみんなに内緒」

ああだけど…!

 

なんと彼女と「二人だけの内緒ね♡」と、とっても可愛い秘密の共有をしてしまったんですね〜(笑)

 

圭人「ねえ〜やまちゃん〜(泣)相談があるんだけどね、あのね(泣)」

 

涼介「あ?どしたのよ?」

 

圭人「うう〜〜(泣)やっぱなんでもないよ〜〜(泣)」

 

今にもそんな会話が聞こえてきそう。

 

バレないかな 誰かにバレないかな

あの子とデートをしてたこと

バレないかな 誰かにバレないかな

あの子と手をつないだこと

 

もう自分ではどうしようも出来ないので、バレないかな…このまま誰かにバレちゃえばいいのに…と考えてしまう圭人くん。とにかく彼女に優しい圭人くん、推せる。

 

 

 

 

 恋する / 有岡大貴

 

いつだって一緒にバカ騒ぎしてくれるのは

君くらいだと思ってて

それは君と私の間に恋が芽生えることはないって

そう思っていたのは私だけじゃないはずよ

ねえ そうでしょ

やばい 本気になっちゃいそう

 

うちらの永遠の幼馴染、有岡大貴くんの登場です!!!待ってましたよね!?!?待ってましたよね!?!?ね!?!?!?

 

「お前また寝坊かよ〜〜(笑)髪の毛ハネてんぞ(笑)女なんだからそういうのちゃんとしろよな〜〜(笑)」

 

無邪気な笑顔を向けられ、鬱陶しいとすら思ってたのに…

 

全然好みじゃないのよ

君のその甘ったるい笑顔も

君の私を呼ぶかわいい声も

ついこないだまで私なんとも思わなかった

でも最近ちょっと変な感じなの

 

あれ…あれ…

 

君のその甘ったるい笑顔も

私を呼ぶかわいい声まで

今の私にとっては何よりの幸せで

でも少しずつ欲張りになってる怖いくらい

 

落ちた。

完全に落ちた。

 

 

毎日一緒に帰るし、お家にだって遊びに行くし、学校で仲良くしすぎて有岡くんファンに睨まれるくらいの関係なのに!でもそれは友達だから成り立ってることなのに!好きになっちゃったよ〜〜(泣)こんなはずじゃなかった(泣)

 

悪ふざけでもいいから一度私のこの手を握って

「友達だなんて思ったことはない」

とか言ってみせてよ

一瞬でいいから

私のこと女の子だと思って接してみてよ

 

ダメだ。この気持ちは抑えられないわ。でも私的に、有岡くんも同じような気持ちでいてくれてるんだと思う。(いや、いてくれ!!!!!)

 

 

「お前さあ…好きな奴とか…いんの?」

 

 

「俺はさあ!!!ずっっっとお前だけ…お前のことだけ!!!好きなんだからな!!!」

 

 

言われてえ〜〜〜〜!!!!!!!

 

 

 

 

さよならの季節 / 伊野尾慧

 

いつも隠れてみてた

少し袖の長い制服も傷だらけの鞄も

それでも知らないことばっかりだってのに

 

鞄とか綺麗に使ってそうだけどそこは置いておいて。いつも自然な萌え袖で女の子みんなの憧れでしかない伊野尾先輩。

 

今日が最後なのはどうしたってわかってるのに

もう決まってることなのに

何にも言えず終わりそうで

 

そう、伊野尾先輩は今日で卒業してしまいます。毎日「ああ、かっこいいな…キラキラしてる…」って伊野尾先輩を見るためだけに学校へ行っていたのに。

 

桜の木の下みんなと語り合うあなたが

あまりにも綺麗で嫌に悲しかったのよ

ねえ先輩 あたしのことを思い出にしないで

 

桜と伊野尾先輩のコラボレーションは絶対に美しいですよね!男友達とケラケラ笑って思い出話をしている姿を見ているだけで幸せ!でも気持ちを伝えられないままお別れしちゃうのはちょっぴり寂しいなあ…

 

桜の木の下 背の低い女の子とあなた

聞こえてしまうあなたの突き放す言葉

ねえ先輩 あたしとあの子なにも違わないかな

 

勇気を出して告白してきた女の子に対して

 

「あ…ごめんね?気持ちは嬉しいけど。…ありがとね?」

 

そんな風に伝えるところを見て、ああ私も告白したところであんな風に言われちゃうのかな…(泣)ってなっちゃう。

 

さよならのクラクションベル

あなたの駆け寄る先

年上のクールビューティー 特別な人

 

伊野尾先輩には年上の彼女がいたんですね…なんとな〜〜く気づいてたけど(泣)いざ現場を見ると辛い(泣)けど、伊野尾先輩のこと好きになれてよかった…よかったよ…先輩は私の青春そのものだったよ(泣)

 

ちなみに「冬の唄」も大好きな曲なんですけど、伊野尾くんにぴったり。これもすごく切ない。切なくて、儚くて、みたいな。そんな曲が伊野尾くんとマッチするんだよな〜〜。

 

 

 

 

バンドマン / 八乙女光

 

バンドマンを好きになっちゃいました

あなたの出す音 あなたの作り出すステージ

すべてを好きになっちゃいました

すべてを好きになっちゃいました

 

そう、バンドマンに恋してしまったんです。ベース担当の光くんに恋してしまったんです。彼女がいるのかも分からないし、どんな子が好きなのかも分からない。けど彼の作る曲の世界観に惹かれちゃったのよね…

 

ステージのあなたと目が合った

握手するとき ぎゅっと力込めてくれた

それだけでもう運命を感じちゃう

 

光くんて、直接「好きだよー!」とか言ってくれるタイプじゃないの。でも、でも、ステージから降り注ぐ笑顔やキラキラした目を見るたびに「ああこの人じゃなきゃダメ!ダメ!!!」って思っちゃうんだよなあ…

 

いつもベースの弦を弾いてるあの骨張った男らしい手に触れちゃった!しかもギュって力入れてくれた!今のは私にだけしてくれたの!?そうなの!?ああ〜〜また通っちゃう(泣)

 

光くん自身、「あ、あの子前も見に来てくれてたな」って思ってはいるんだけどもちろん恋愛感情ではないです。あくまでも大切なファンの一人として見てくれてるんです。

 

頼むから 黄色い声出してるバカな女どもと

一緒にしないでよ

彼女たちのあなたを想う気持ちとは全然全く地の果てまでも違うのよ

あなたから見たら私と彼女たち同じなんでしょう?

私が愛しているのはあなたの奥の奥ホントのトコ

顔がいいとか好みだとか そんな関係ないくだらないこと

 

いや〜〜これは拗らせヲタクあるあるだよな〜〜私は顔ファンじゃないから!絶対違うから!!!!!みたいなね。よくいるよね()所詮ファン。ファンなのよ()みんな自担に置き換えて聴いてみて?

 

 

 

 

夏の恋人 / 高木雄也

 

今日も目が覚めて聞こえるのは

蝉の声とあなたの寝息

こんな関係いつまでも

きっとしょうもないよね しょうもないよね

 

 そうです。高木くんと一夏の恋です。これね〜ダラダラ関係を拗らせてみたい人で想像することをオススメします。(ブラック大貴くんで想像するのも良いよ。ただのセ○レ大貴くんもなかなかエグい)しんどいけど。で、夏や海から連想されたのが高木くんで、ちょっと拗らせてみたいなと思ったのが高木くんだったの。

 

夏の恋人に手を振って 私からさよならするよ

季節が巡ってまた 夏が来たとしても

そこに二人はいないでしょう

きっと泣くのは私の方だけど

私からさよならするよ だめね、私

 

このままじゃただの依存だよね、そうだよね。本当に人を好きになるってこういう事なの?って高木くんの男らしい胸板に身を委ねて自問自答を繰り返す日々ですね(重い妄想)確かに幸せなんだけど、絶対このままじゃダメだって頭では分かってるんです…

 

もう一人の私が私を引き止める声がする

「このままでもいいじゃない この夏に

閉じ込められて一生大人になれなくても」

 

ここ、私が一番好きなところなんですよ。高木くんという存在に甘えていたい。いつまでもこのままでいたい。でもこのままじゃ前に進めない…さよならしなきゃ…っていうめちゃくちゃ切ない流れではあるんですけどね。夏だから許されたこの関係っていうのが…いいですね、高木雄也と一夏の恋。

 

 

 

 

デートプラン / 薮宏太

 

 

 実現しないあなたとのデートプラン考えてたら

一日が終わってた

やることなんにもできてない

だらしない私

こんな女の子あなたは嫌いかなあ

 

さあみんなで薮くんとのデートプランを考えましょう!の巻。分かるよ、分かる。彼とデートするならどこへ行くかな?何を着るかな?どんな髪型がいいかな?そんなこと考え始めたら自分がやらなきゃいけないことなんて手に付かなくなるに決まってるよね!!!

 

どうせ私は子供だもん お子ちゃまだもの

皆が言う大人の恋愛なんて知らない

つれない素振りしてみたり

ツンとしてみたり

嘘をついてまで必要なことなのかな

 

 薮くんのことを好きでいる自分に嘘はつきたくないね!そんでもって無理して大人な恋愛しようだなんて思えない!ただただ薮くんが好き!

 

ねえ本当は私気付いてるんだよ

子供だとしか思ってないんでしょ?

 

だから今日も私は無理な靴を履いてるの

このヒールの高さまであなたに近づくの

 

どれだけオシャレしても

「お?今日はお姉さんになりたい気分なの?」とか

「そんなオシャレしてどこ行くの(笑)お嬢さん(笑)」

とかニコニコ笑って話しかけてくる薮おじちゃんです。いつまで経っても妹扱いしかしてくれないです。

 

でも薮くんも本当は自分に好意を持たれてることを知った上で話してるんですよね。

こいつは妹みたいな存在だから…

そういう風にしか見れないな〜ってことで敢えてこんな言葉をかける。薮くんなりの優しさ。くぅ〜〜良いんだか悪いんだか!

 

 

 

こんな感じで…置き換えて聴いてみるとなんだかリアリティーが助長されてめっちゃ良いですよ!みなさんもキュン補給したい時は是非SHISHAMOさんの曲、聴いてみてください。

 

 

 

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.

 

「お姉さん、あんたもう底なしのJUMP沼から這い上がってくる気ねえだろ?」

 

 

はい、全くございません。

 

 

どうもお久しぶりです。見ての通りどんどんジャニヲタを加速させている私です。Hey!Say!JUMPのコンサートに行ってきました。

 

このコンサートは私の中で結構結構結構な感じで楽しみにしていました。と言うのも、今年の夏はとてもハードで世の学生達は夏休みを満喫しているというのに、私がやっと休めるぞ!と思った時にはもう日本の夏は終わっていました。いと哀し。彼氏と手を繋いで海辺を歩くこともなければ、浴衣を着てお祭りに行くこともなかったです。もちろん伊野尾くんにりんご飴を買ってもらうこともなく有岡くんと金魚すくいをすることもなかったし山田くんと一緒に線香花火をしながら「来年も一緒にしような」なんて言われることもなかったですよ。

 

 

 

 

しかーーーーーし!!!!!!

 

 

 

 

私の夏は終わってねえぞ!!!終わってなんかねえんだぞ!!!JUMPに会えるじゃないか!!!そのために苦しい毎日を乗り越えてきたんじゃないか!!!思えば、その日々を一緒に乗り越えてきた有岡担と「私たちはここで死ぬわけにはいかん。」と励まし合ってきました。そしてついにその日が……!(感涙)

 

 

会場は広島グリーンアリーナ。私が最も好きな会場です。多分どこの席になっても普通にお顔を確認できる。すごく優秀な会場です。(ちなみにWhiteぶりのグリアリ)

 

今回はグッズがとてもお洒落でビックリしました!思わずあれもこれもと買ってしまい…あ、山田くんの団扇も買った。あの美しすぎる顔面で私の財布を開かせた彼は強い。

そして気になっていた仮面型ペンライトとやっとご対面しましたけど、最近ジャニーズのペンライトがどんどん進化していっててこれ以上どう進化するんだよ、状態ですよねえ。とりあえず目元に持っていって遊んだりした()楽しい()あと伊野尾くんの団扇と一緒にSNOWで写真撮ったりもした。(よっしゃ!私もまだ若い!JKと同じことできてる!っっしゃ!)

 

座席は、ギャアーーー!神席!って感じではなかったですけど何なら結構上の方でしたけど、それでも肉眼で普通に見えちゃうからやっぱりグリアリは優秀だ。(確信)

 

で、毎度あの登場前お決まりの一人ずつ画面に映し出されて名前バーーーン!って出るやつ。鳥肌がすんごかった。普通に涙出た。山田涼介氏のラスボス感が半端じゃなかった(笑)まだ顔映さんのんかい!まだ映さんのんかい!みたいなね(笑)焦らされましたね(笑)

 

曲については語りたいことが山ほどあるのでとりあえず居酒屋集合で!()そうそう、セトリを見ずにネタバレもほぼほぼ回避しての参戦だったのでノーマークだった曲がきて発狂もんでしたわ。

 

一つ話すとするなら「My Girl」ですかね…今回たぶん一番楽しみにしてた。し、一番聴き込んでた曲だったので。ツイッターでこの曲についていろんな解釈をしてる人を見かけて、なるほど。と思いながら聴いてたんですけど…

 

(ここからは私の勝手な妄想)

 

やっぱりいつも涼介が彼女をかっさらっていくんだ〜〜(泣)大貴がどんなに時間をかけて彼女を自分のものにしたとしても、彼女の心は涼介に向いたままなんだ〜〜(泣)報われないポジの大貴どうにかしてやってくれえ〜〜(泣)だってバックの砂絵、運転席に涼介、助手席に彼女、後部座席に大貴だったじゃ〜〜ん(泣)もう三人の関係性がビンビンに出ちゃってんじゃ〜〜ん(泣)そんな状況での「僕だけを見て…」って、すごく切なく聴こえるし「僕だけを見て…」は絶対俺を見てくれる。っていう確信のようなものを感じるし(泣)二人がガシガシ踊ってるの見ながら、大貴はまるで「なんで俺じゃダメなんだよ」って言ってるみたいだったし、涼介は「お前を幸せにするのは俺だ」って言ってるみたいだったよ(泣)

 

…っていろいろ考えてたら普通にペンラ振れなかったです()楽しいMy Girl()

 

そんな二人がアンコールでスタトロ乗って回ってきたんで私はとても幸せでした(笑)肌すべすべだったなあ…

 

語りたいことはまだまだ沢山ありますが、最後にJUMPメンバーを見た感想を。

 

山田:彼は人間だった。人間とは思えない顔立ちだったけど人間だった。ラスボス感。顔に付けたタトゥーシールとオールバックにした髪が色気を倍増させていた。

 

知念:ちっちゃくて可愛い。可愛いがステージを歩いてた。何しても許してあげたくなる気持ちが全力で分かった。アクロバットすばら。

 

中島:何故かビンビンにオーラを感じていつもよりカッコよく見えた。彼を見るたび誰かにファンサしてたからファンサマシンだと思った。

 

岡本マイナスイオンが出てた。こんな平和の象徴のような人間がこの世に存在するのか。よくできました♡にハート撃ち抜かれた。

 

有岡:MCを上手に回していた。ブギノォ…ブギブギノォ…やっと会えた…もろもろにおいて爆モテ岡くんを炸裂させていた。

 

伊野尾:元気なかった説は否めないけどとにかく美しかった。ピアノを弾いてる時の儚さ。デコルテの綺麗さ。完璧。

 

高木:エロかった。顔も声も動きも全部エロかった。たぶん昨日来てた人の3分の2くらいは妊娠した。

 

八乙女:元気だった。MCでのキレが半端じゃなかった。山田のほっぺにキスしてた。ファンが使う「○○担」を使っていてネットの民だと思った。

 

:ぽろっとこぼす発言がいちいち可愛かった。光くんのこと好きなんだな〜って数分で感じとれた。

 

 

 

こんな感じでとても楽しい一日でした。最後に。帰りに立ち寄ったコンビニで、夜ごはんを買うつもりが雑誌コーナーの涼介と目が合ってそれ購入して帰ったという私チョロい説と、昨日まで「伊野尾くん(泣)」「涼介ぇぇ〜〜(泣)」「なんか裕翔くんイケメンじゃない!?へっ!?」ってなってたのにその日見た夢に有岡くんが出てきて簡単に堕ちてしまった私チョロい説を投下して終わりにしようと思います。

 

いつもの如く、コンサート翌日の肌は調子が良いです。また会いに行きたいです。

 

 

ジャニヲタ二人が相席屋に行った話

 

ツイートにちょこちょこ登場してるんですけど、私には同じ学校でバイト先も同じだったHey!Say!JUMP有岡担のお友達がいます。絶賛JUMP沼に嵌ってしまっている私、その子にコンサートへ連れて行ってもらえることになりまして。どうせ行くなら双子コーデとかしちゃう??しちゃう??ってことでルンルンでショッピングしてたんですよ。そりゃもうルンルンで。

 

で、お買い物も出来て満足してたんですけど私たちにはもう一つ今日達成すべき目標がありました。それは、

 

 

 

 

相席屋に行くこと。

 

 

 

 

 

何を隠そう、二人とももう○年ほど彼氏も作らずただただオタクをしてきたものですから…なかなかの恋愛ブランクに危機を感じたのか有岡担が「相席屋…行こう。」と(笑)半ばノリみたいな感じで行ってきたので今日はそのレポを書きます。

 

 

まず入店して私は驚いた。

 

 

イケメン店員がお出迎えしてくれる。

 

 

待って、どうにかして彼らをお持ち帰り出来ませんか!!!と思うほどにはイケメンだった。そのイケメン店員にお店のシステムやルールを説明されて、男性が来店するまでは二人で普通に飲んでました。その時の会話はもちろん、

 

私「ねえさっきの店員、イケメンじゃない?雰囲気めっちゃ中島健人じゃない?」

有岡担「んっ!分かる分かる!中島健人(笑)あれだね、口元だね(笑)」

 

から始まり、

 

私「ちょっと想像しよ。もし相席屋の店員が大ちゃんだったらどうする?え、てかめっちゃ想像出来るよね!?大ちゃん相席屋の店員出来そ〜(笑)」

 

有岡担「(机に突っ伏せて、多分彼女の中でいろいろと想像して気持ちの整理をした後)……やばいわ。」

 

私「いらっしゃいませー!2名様でよろしいですか!相席屋〜は…初めてですかねっ?…かしこまりました(ニコッ)とか言ってね、質問する時は絶対席のとこしゃがんでくれてあのキュルキュル黒目で見つめられるんだよ!!!」

 

有岡担「アア…アアアア………」

 

私「伊野尾くんが店員だったら多分しゃがまずに突っ立ってるんだろうな〜、手を体の前で組んで(笑)あ、アプリとられてますか?これテキトーにダウンロードしてもらってぇ〜みたいな(笑)」

 

有岡担「絶対そうだわ(笑)めっちゃ想像できる(笑)突っ立ってそうだな〜(笑)」

とひたすら私がいのあり(相席屋店員ver.)を演じてました。

 

そんなこんなで一時間経つか経たないかくらいで男性が来店。初めに年齢を店員に伝えてるので、そこそこ近い年齢の人を席に連れて来てくれる感じなんだと思います。

 

私「絶対どんな奴が来ても笑うのだけはやめてね。吹き出したりしないでね。」

 

有岡担「危ないわ。」

 

で、席に連れて来られたおじさん二人。

 

 

おじさんが二人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんやないかーーーーーーい\(^o^)/ガッツリおじさんやないかーーーーーーい\(^o^)/

 

しんどい。しんどすぎる。

 

4人揃ったところでジョッキを持たされ、

 

 

イケメン店員「相席屋でぇ〜〜???」

私たち「カンパ〜〜〜〜イ!!!」

 

 

何このハイテンション!やばいやばい!めっちゃ苦手なやつ!シゲだったら絶対ついて行けないやつ!いや私もどちらかと言えばシゲサイド!帰りてえ〜〜!!!!!

 

おじさんの見た目を説明すると、一人はぐっさんみたいな日焼けゴリゴリ系!私のタイプと真逆をいってて滝汗。(以下ぐっさんと呼ぶ)一人はトレンディーエンジェルのたかしくんに髪を生やしてパーマをかけた感じ!(以下たかしと呼ぶ)

 

どう見ても35くらいだろうと思ってたんですけど、何歳か当てるみたいな流れになって

 

たかし「ヒントは…まあ平成生まれなのは間違いないかな!」

 

私&有岡担の心の中「嘘だろ、おい。」

 

結局ぐっさんが30歳、たかしが27歳で普通に腰を抜かしました。でもただ二人のコミュ力は半端じゃなかった。そういう場に何度も足を運んでいる人の喋り方だった。分かる、私には分かる。

 

2杯目飲み終わったかな〜くらいで、ぐっさんが2軒目に行こうと言い出して(たしかに置いてあるバイキング形式の料理はかなり大したことなかった)近くの居酒屋へ移動することに。もちろん相席屋での料金は0円。これは良い。

 

二軒目に来て、たかしがテキトーに料理頼むね!と言って「なんとかのカルパッチョ」とか「なんとかの生ハム巻き」とかいかにも女子が好きなものコレでしょ?リサーチ済みです!みたいなメニューを注文し始めた。初めに言っておくがこれはキスマイBUSAIKU⁉︎ではない。でも私は思ったよ。これを藤ヶ谷くんがやればカッコ良くキマるんだろうな、やっぱり普通の人がやってもキュンともスンともならないんだな、ってね。なんて理不尽な世界なんだ…

 

でも普段頼まないようなフルーツが沢山入った美味しいお酒とか勧められて、それタダで飲めたのは良かった。美味しかった。

 

ぐっさん「ちょっと何買ったのか見せてよ。服?おじさんが可愛いかどうか判定してあげるわ(笑)」

 

私「えっ、いや、いいですよ〜(笑)」

 

たかし「見たい見た〜〜い!!!」

 

有岡担「二人全く同じもの買ってるし、大したことないですよ(笑)」

 

たかし「双子コーデとかいうやつ!?なおさら見たい〜〜♡」

 

たかしが結構ウザい。これ下手したらセクハラになるぞ。その場のテンションとかノリがそうさせてないだけで!!!で、勝手に袋開け始めるし!おじさん二人!!!

 

たかし「おっ、フワフワだね〜!これ着てどこ行くの?ユニバ?」

 

私「ちょっと、ライブに…(苦笑)」

 

ぐっさん「Hey!Say!JUMPか??」

 

私&有岡担「スゲーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwww」

 

ぐっさん「どの子がええの?タイプ教えてよ。」

 

よくハタチの小娘に手出そうと思うなあ〜〜(滝汗)

 

私「白くて細くてスラッとしてて、アイドル顔がいいです!可愛い系の男の子が好きです!JUMPだったら伊野尾くんが好きです♡」

 

ぐっさん「伊野尾?ちょっと見せてみ。」

 

f:id:Na__riii:20160903093216j:image

f:id:Na__riii:20160903093255j:image

f:id:Na__riii:20160903093318j:image

 

ぐっさん「あ〜なるほどね!俺みたいな人ね!」

 

とかジョークと分かっていながらも、冗談は顔だけにしとけよとか心の中で思いながら会話してました。そして何故かぐっさんは伊野尾くんのポーズ真似をして見せてくる。本当に同じ人間なのだろうか?(小声)

 

 

みたいな感じでズルズルと話して、お決まりのライン交換もして、次また9月中に飲もうね!と一方的な誘いも受けて帰りました。

 

 

 

帰り道…

 

私「初めての相席屋にしてはなかなかハードなの来たね(笑)そう簡単には出会えないってことなんだよ多分。」

 

有岡担「そうね…あっちは結構本気っぽかったけど付き合うとか…しんどいね、無理。」

 

私「でもさ、さっきの二人をいのありに置き換えて考えたらめっちゃくちゃ萌えない?カルパッチョ頼んだのも萌えるし、服勝手に見られたのも萌えるし、ライン交換なんて出来た日には死んでもよくない?」

 

有岡担「だね!!!やばい!!!あ〜〜めっちゃ萌える。楽しい飲み会だった!!!」

 

私&有岡担「…なんて理不尽な世界。」

 

 

という感じで初の相席屋はなかなかハードでしたが、メリットとしては

 

  • タダで美味しいお料理が食べられる
  • タダで美味しいお酒が飲める
  • イケメン店員に癒される
  • 妄想の材料になる

 

って感じですかね…出会いを求めて行くにはちょっと運も必要かなと。お金ないけどワイワイ飲みたいから来ました!くらいのテンションで行かないと悲しいことになります。(私たちは全てジャニタレに置き換えて妄想してたから、ね、楽しかったよ割りかし。)

 

 

でも分かりました。ジャニーズのみなさんがどれほど美しいものか。慶ちゃんなんてぐっさんより年上だよ!?普通の世界はそんなに甘くなかった。every.終わりの慶ちゃんがスーツで来店することもなければ、サングラスかけたパリピ祐也が来店することもない。そんな世界で私は生活してるんだなと思うとなんだか悲しくなりました。

 

相席屋、興味のある方は是非。